世界”唯一”の連続カーボンファイバープリンター

 いまや広く使われるようになった3Dプリンター。

 その素材は樹脂が主流ですが、樹脂だと耐熱性が低く、強度も弱いため、用途が限られてしまいます。

 かといって、金属3Dプリンターとなると、金属フィラメントやパウダーの溶融時にレーザービームや電子ビームを使うものが多いため、設備費用は1~2億円となることも…。

参考:株式会社日立ハイテクノロジーズ  みんなの試作広場「押さえておきたい金属3Dプリンターの基礎知識~造形原理や原料からメリット・デメリットまでを簡単紹介~」2018 

 そこで、金属同等の性能を「安価に」実現することを可能にしたのが

FASOTEC社の「連続カーボンファイバー3Dプリンター」です。

特徴


・導入費用:金属3Dプリンターの1/100

・強度はABSの20倍アルミニウム相当)

・平面度・精度はハイエンドプリンタ並み

・反りにくく、熱変形しにくい ⇒精度の必要な造形物にも

出典) 日本3Dプリンター株式会社, Markforged カーボンファイバー 3DプリンターHP 、Mark Two使用例

・部分的にフィラメント材料を変えることも可能

 ⇒強度が必要な部位のみカーボン、他を樹脂、などとすることでコスト低減も。

補強用 長繊維ファイバー


ファイバー材料にはカーボン以外にもラインナップがあります。

■カーボンファイバー

軽量、最高強度を持ち、最高の熱伝導率を有する。

■グラスファイバー

対費用効果に優れる。重量はカーボンファイバーの2倍、強度は40%。

■高耐熱グラスファイバー

 105℃以上の耐熱を持つグラスファイバー

■ケブラー

柔軟性と最高の耐摩耗性を持つ素材。耐衝撃性が高い。

使用例


・各種生産治具、生産ツール

・強度を要求する構造部品

・機能試作用モデル

・堅牢で軽量なカスタムパーツ

金属でつくると金型などが必要となるので、少量生産には不向きでした。

この3Dプリンターは「数点の部品を、データだけで安価に」作れることが最大のメリットと言えます。

おすすめ用途

・軽量・強度が求められるドローン用部品。

・スタートアップ企業の試作・制作

参考情報

Mark Two

#試作 #安価 #カーボン #軽量 #高強度 #航空 #ドローン #治具 #生産 #ツール #樹脂 #3Dプリンター

>成長と刺激をあなたに。

成長と刺激をあなたに。

私が出会ったヒト・言葉・技術の中で、特に刺激を受けることができたものを取り上げるブログです。 取り上げて欲しいヒト・モノの紹介も大募集中です!自薦・他薦は問いません。お気軽にメッセージをいただけますと幸いです。

CTR IMG